夏の暑さもようやく過ぎ去り、秋の涼しさを感じられる季節になりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

我々は9/22(土)に、セミナー「在宅における 低栄養者を見逃さない! ポイントとその対応」の開催を予定しております。

在宅訪問の現場において活用できる栄養学の知識を得られる、貴重な機会となります。

皆さんぜひ奮ってご参加ください!まだまだセミナー参加者大募集中です!

申込みはこちらのURLより承っております。
https://pro.form-mailer.jp/lp/95aa8385151655

 

~以下詳細~

「在宅における低栄養者を見逃さない!ポイントとその対応」
開催日:2018年9月22日(土)
開催時間:14時00分から16時30分(開場13時45分)
※終演時間は変更の可能性アリ
開催場所:府中市市民活動センタープラッツ(ル・シーニュ5F,6F)第1会議室
http://www.fuchu-platz.jp/use/1001978.html
参加費:6000円

セミナー内容の説明

在宅訪問の現場において、利用者様の栄養状態を把握することの重要性はご存知かと思います。それはつまり、利用者様の栄養状態はどのような段階にあるのか、段階に合わせいかなる処置を行うべきか、といった「判断と処置」についての知識が在宅訪問の現場では必要である、ということです。

しかし、在宅訪問の業界では、管理栄養士の活躍は困難であり、絶対数も不足しています。必要とされる管理栄養士の知識が、在宅訪問の場に行き届いていないのが現状です。

そこで我々は、管理栄養士の知識を在宅訪問医療に従事する方々に提供するために、このセミナーを企画しました。

このセミナーでは、栄養士が用いる基本的な知識や用語を学ぶほか、在宅における低栄養者の方を見分ける方法、低栄養者の方に対する処置の手段について学ぶことができます。
加えて、セミナー後半では、具体的なケースを想定し、利用者様の栄養状態の判断と対応策を考えていただく実践的な演習の機会を設ける予定です。