二週間ぶりの投稿となりました!今回は、3回の投稿に分けて「熱中症」をテーマにしたいと思います。

今年の夏は例年と比べ暑さが深刻です。そのため、熱中症のリスクは非常に高くなっております。ですので、まず始めに、熱中症のメカニズムをしっかり把握していただきたいと思います。

自身が熱中症にかかる可能性も高いですが、それに加えて周囲の人が熱中症で倒れる可能性も高くなっております。自分だけでなく他人も熱中症から救うためにも、処置の方法を学んでおくことは大切でしょう。残り二回では、「予防と処置」について深く取り上げたいと思います。

・まずは「熱中症」について

簡単に説明するならば、熱中症とは身体の「産熱」機能と「放熱」機能のバランスが崩れることによって起こる症状のことです。

身体には熱を生み出す「産熱」機能と熱を逃がす「放熱」機能があります。この2つの機能がバランスよく働くことによって、体温は36〜37度に保たれています。運動で活発に身体を動かしたり、暑いところにいることによって、体温は上がります。そうして上がった体温を下げるために発汗などの「放熱」機能が働きます。

熱中症とは、急激に上昇した体温を下げる調整機能が働く中で起こるものです。 放熱機能が働く際、熱を逃がすために皮膚のすぐ下に流れる血液の量が増えるのですが、そのために脳に行き渡る血液量が減ることで酸欠状態になります。これによるめまい・立ちくらみなどの症状は「熱失神」と呼ばれます。

放熱機能の1つである発汗によって体温は下がりますが、体内の水分は無限にあるわけではありません。失われた水分を補給しない場合「脱水症状」になります。

また、発汗で失われるのは水分だけではなく、電解質、つまり塩分も失われます。塩分は筋肉の収縮を調節する役割を持つため、塩分が不足すると手足がつったり筋肉がけいれんしたりします。これが「熱けいれん」です。

加えて、脱水症状が続くと全身の倦怠感、嘔吐、頭痛などの症状が現れます。これは「熱疲労」と呼ばれます。

さらに体温が上昇して身体の体温調整機能が追いつかなくなると、脳へ影響が及びます。つまり、意識の障害や突然の転倒などが起こります。この段階は「熱射病」と呼ばれ、非常に危険な状態です。回復しても後遺症が伴う可能性があります。

(次回に続く)