夏がやってきます!夏といえば…そう!冷房病です!

このシリーズ投稿・【夏の病】では、夏にかかりやすい病気と、その予防策について投稿していきたいと思います。

記念すべき第一回は、「冷房病」について取り上げました。

 

夏を乗り切るためには、冷房の使用は欠かせません。(というか必ず使用してください!)しかし、あまり冷房をかけすぎることも、体調を崩す原因になってしまいます。

冷房病とは、屋内と屋外の温度差に体の調節機能が対応しきれないことによって生じる病気です。(なお、正式な病名として「冷房病」というものがあるわけではありません。自律神経失調症に類似した症状、といったところでしょう。)特に、5度以上の温度差であると起こりやすくなります。

症状としては、

冷え症、肩こり、腰痛、慢性疲労、めまい、頭痛、食欲不振、下痢

など、多くがあげられます。

対策については、屋内と屋外の気温差を5度未満に抑えるようにすることが第一に挙げられます。

また、外出先の建物内でエアコンの冷気を肌に直接浴びないよう、上着やひざ掛けを所持しておくことが重要となるでしょう。

無論、生活習慣の改善も、冷房病の対策になりえます。規則正しい生活リズム・1日3回のバランスの取れた食事・適度な運動習慣、これは万病に通じる対策ですね。

ですが、特に気を付けていただきたいのが、食習慣です。夏場は冷たいものばかり口にしがちなので、体が温まる食事もしっかり摂るよう心掛けてください。キンキンに冷えた飲み物が恋しくなる気持ちはわかりますが、飲みすぎないように!

 

今回の【シリーズ・夏の病】はここまでとします。次回もお楽しみに!