気になっていても中々聞けなかったり、気になったままにしちゃうことって、たまにありますよね。

そしておそらく、皆さんの中にも「名前に入ってる『オムソーリ』ってなんだろう?」と気になりつつも、放っておいたままの人がいるかと思います。(いや、別に悪いことではないんですよ!)

ともかく、ここではこの「オムソーリ」が一体何なのかについて伝えたいと思います。

 

「オムソーリ」とはスウェーデン語で omsorg とつづります。スウェーデンの言葉なんですね。

そして、この言葉の意味は「悲しみや幸せをわかちあう」というものなのです。

認知症介護の先進国である北欧のスウェーデンでは、「オムソーリ」の概念が非常に大切にされています。

ご利用者様に対するケア・生活補助をただ単に行うのではなく、人と人との心のこもったコミュニケーションを行うことを、看護・介護の場で大切にする。これが私たちが掲げる「オムソーリ」の意味なのです。