スウェーデンでは国が認知症の研究に力を入れており、認知症専門のサイトがあります。

認知症に対する方法として様々な内容が紹介されています。

バリデーションやTactile Massageなど日本でも紹介されているものがあります。非常に多角的な視点から認知症にアプローチしていく取り組みが感じられます。

認知症という状態になっても三者三様です。疾患は同じでも、個人の背景は違うわけです。ICFでも個人因子の占める部分は大きいわけです。一人の人という視点を忘れては、良いアプローチができないわけです。認知症になったらすぐお薬だけに頼るのでなく、その人の特性にあった様々な視点からのアプローチが大切なわけです。

また、このサイトには看護師、理学療法士、作業療法士など各職種における認知症に対する取り組みなどが紹介されております。

Svenskt Demenscentrum (SDC)